家庭用脱毛器の効果と脱毛効果を高めるポイント

家庭用脱毛器で本当にしっかりと脱毛できるのか、脱毛器の種類によって脱毛光かにどのくらいの違いがあるのかというのはとても気になると思います。
実は、家庭用脱毛器というのは、クリニックやサロンにおいて使用するマシンよりもパワーが弱いです。
ただしケノンは強いですが。そして脱毛効果も当然弱くなります。

しかし、予約を気にせず2週間に1回くらいのペースで脱毛できますので、頻繁に処理できます。
頻繁に処理することでパワー不足をしっかりとカバーできます。

脱毛器によるムダ毛処理効果の違い

脱毛器にも得意、不得意なムダ毛というものがあります。
脱毛器別の効果の違いについてご紹介します。

早いペースで処理できることで、脱毛サロンにも負けないくらいの効果を期待できる家庭用脱毛器なのですが、実は脱毛器にも得意不得意があります。

例えばレーザー脱毛器のトリアというのは濃い毛には効果が出やすいのですが、産毛はなかなか減らなかったりといった特徴があります。

トリアはレーザーによる脱毛ですが、太い毛には高い効果を発揮します。
産毛や色が薄い毛には効果が出にくいのが難点です。

ケノンは光による脱毛です。
太い毛だけではなく、産毛にも効果を発揮してくれます。

ノーノーヘアはサーミコンで、毛を焼き切るだけですので、毛根へのダメージはほとんどありませんので脱毛光かはありません。

家庭用脱毛器で脱毛効果を高めるコツ

家庭用脱毛器での脱毛効果を高めるポイントはいくつかあります。
家庭用脱毛器の効果を高めるためにしておくべきことは、処理の前に毛を剃ったり、処理前後にお肌を冷やす、そして保湿でお肌トラブルを予防するというのもおすすめです。

処理前に毛を剃らないと、皮膚の表面に出ている毛のメラニンに対してレーザーが反応してしまうので効率が落ちてしまいます。

また、処理前後に肌を冷やすことで痛みが軽減されます。
より強いレーザー、光を当てることができます。
家庭用脱毛器では出力を調整できますが、高出力で処理をしたほうがやはり効果は高くなります。

肌トラブルがあると処理できなくなるので、保湿もとても重要です。
脱毛直後は肌が敏感になっていますので、毛穴から雑菌が入るのを防ぐために湯船に浸かるというのはおすすめしません。

照射レベルや毛の量による効果の違い

庭用脱毛器でも脱毛サロンでもそうですが、照射レベル、毛量、毛質によって効果に個人差が出ます。
しかし、トリアを実際使ってみると、一定の効果があるということに気が付かれると思います。

コメント