家庭用脱毛器の正しい使い方を伝授!

家庭用脱毛器というのは自分の好きなタイミングで、好きな場所に照射することができます。
照射する間隔も自分の好きなように設定できますし、自由度がとても高いというのが最大の魅力です。
しかし、エステやクリニックで脱毛をする時と同じように注意してくれる人はいないというのが難点になります。

自分では良かれと思っていたとしても、間違った遣い方をしてしまっている可能性もあります。
家庭用脱毛器の正しい使い方を理解して、効率よく脱毛をして最短距離でつるつるのお肌を手に入れるというのが重要になります。

家庭用脱毛器を使用する前に毛を剃る

家庭用脱毛器を使用する前には毛を剃るというのが重要です。
家庭用脱毛器の多くは黒い点に反応することで光の照射をしていますが、光を浴びた黒い点に対してダメージを与え、毛が生えにくくするというシステムで脱毛をしています。
効率的に黒い点に光を照射するためには、毛が生えているというのが理想的なのです。

腕や足なら、家庭用脱毛器を使用する2日から3日前に剃っておくというのがおすすめです。
その一方で、ワキなおの黒くて太い毛というのは毛が長くなれば家庭用脱毛器の光が照射されたときに痛みを感じてしまうことがあります。

それは剃った直後でも毛の断面が目立つような太い毛が生えてくる場所は前日、直前に剃ったとしても特に問題はありません。

シェーバーを使用するのがおすすめ

脱毛前に処理をするのであればシェーバーがおすすめです。
毛を剃る時にはお肌を痛めないようになるべくシェーバーを使用するというのがおすすめです。
シェーバーでは処理しにくい箇所であったり、T字カミソリしかないという場合にはシェービングクリームなどを使用して、お肌のダメージをなるべく少なくしてください。
毛を抜いてしまうと、光が反応する黒い点が無くなるので脱毛をすることができません。
家庭用脱毛器を使用する間は毛は抜かないようにしてカミソリで処理をします。

家庭用脱毛器の照射間隔

家庭用脱毛器の照射間隔は何日おきなのか迷うと思います。
家庭用脱毛器で脱毛をする場合にはどのくらいの周期で照射をすれば良いのか迷いますよね。
エステやクリニックで脱毛をすると、来店や来院のタイミングを指定されるものです。
それに合わせてエステ、クリニックで脱毛を行うというのが一般的になります。

では、どうして次回の脱毛のタイミングを指定されるのかといえば、毛周期という毛の生え変わりのサイクルに合わせているからです。
私達の身体に生えている毛というのは成長期、退行期、そして休止期といったサイクルを繰り返しています。

そもそも脱毛は光を毛に照射することによってダメージを与え毛を生えにくくしています。
光を照射した時に効果があるというのは、成長期の毛に対してだけです。

毛が生えていて光が当たっても、退行期には効果がありませんし、毛が生えていない休止期の毛穴に光を照射しても効果を実感しにくいです。

コメント