家庭用脱毛器は危険なの?

家庭用脱毛器は便利な反面、説明書の通りに使用しないとトラブルが起こることもあります。
特に近年では光を利用したレーザー脱毛器、光脱毛器が増えていますので、火傷などのトラブルが増えています。
光を使った脱毛器は黒色に反応する光を照射することで、黒い毛を弱らせてから抜きます。
光が高熱を発生させますので、出力が強すぎてしまうとトラブルが起きてしまいます。

しかし、家庭用脱毛器は、自宅でいつでも脱毛できるというのが最大の魅力です。
トラブルが起きないように家庭用脱毛器を使用して快適に脱毛できるようにすべきです。

家庭用脱毛器で起こりやすいトラブル

家庭用脱毛器で起こりやすいトラブルについてご紹介します。
まず火傷です。
火傷は、光が強すぎることが原因となっています。

レーザーや光脱毛タイプの脱毛器というのは、毛根を弱らせるくらいの強い光を発生させます。
そのため、皮膚の弱い方は高熱を発する光に皮膚が負けてしまいますので、火傷するのです。
対処法は照射レベルを下げることです。
ほとんどの家庭用脱毛器が照射レベルを段階ごとにいくつかに分けています。
光の強さを自分で調節できる、ということです。
つい脱毛効果を求めて照射レベルを最大にまで高めてしまいがちなのですが、最初は最小レベルからためしてみてください。
照射場所も膝下の皮膚が強いので試してみると良いでしょう。

家庭用脱毛器によるかぶれ

かぶれが起きてしまうのは、同じ場所を何度も照射しているからです。
強い光を何度も当てると、ダメージが蓄積されてしまい、皮膚の保護力では耐えられなくなってしまいます。
そうなると、かぶれなどの皮膚トラブルが起きてしまいます。

また、光が皮膚に合わないということもあります。
皮膚が弱い方は、もともと光が合っていないことが多いです。

対処法としては、1回しか照射しないというのが挙げられます。
続けて何度も同じ場所に当てないように注意しなければなりません。
そしてどうしてもお肌に合わなければ使用を中断してください。

家庭用脱毛器によるトラブルを改善するコツ

対処法としては、塗り薬や病院で治療をするということです。
ニキビのようなポツポツが出来てしまうので、塗り薬や病院における治療に頼るようにしてください。

また、体調が悪い時は脱毛を控えるのも1つの手です。
家庭用脱毛器は概ね2週間に1回程度しか使用できないので、日にちを決めて脱毛している方が多いです。
ただ、風邪や生理などで体力が落ちている時には脱毛を控えるようにして、体調の良い時に脱毛をするようにしましょう。

コメント