ケノンの真実。脱毛効果と痛み

ケノンの脱毛効果はないって本当?

ケノンは脱毛光効果がないというのは本当なのでしょうか。
どれくらいの期間使えば効果が出るのか、脱毛効果があるのかは気になる部分だと思います。
脱毛器は毛根周辺にダメージを与えることによって、毛を生えなくするという仕組みになります。
これは美容クリニックにおいて行う医療レーザー脱毛やエステで使用するフラッシュ脱毛と基本的な仕組みは同じになります。

ただし家庭用脱毛器というのは一般の方が家庭で安全に使用できるように照射出力は低く設定されていますので、クリニック、エステで使用している脱毛器に比べると効果はゆるやかになります。

ケノンを2、3回使用したものの全く効果が出ないといった口コミもありますが、これは普通のことです。
エステであっても脱毛が完了するまでには15回から20回くらいは通う必要があります。
出力の低い家庭用脱毛器の場合は、もう少し時間がかかってしまうのは当然です。

いつから効果が出るようになるの?

ケノンを使用しての脱毛効果ですが、大体5回目あたりから毛が細くなってきたと実感できます。
そして9回目から10回目あたりになると目に見えて毛の量が減ってきたと感じるでしょう。
しかし、このくらいの回数ではしばらく時間が経過するとまた生えてきてしまいますので、サボることなくコツコツ続けるというのがとても重要になります。

時間はかかるのですが、回数を重ねるごとに毛が生えてくるまでにかかる期間は長くなります。
そのため、気長に、少しずつ自己処理が楽になる感覚を楽しみつつ続けるのがポイントです。

コスパはどうなの?

ケノンは本体価格が他の脱毛器と比べると高くなっています。
実際に価格は税込で69,800円もしますが、他の脱毛器と比べると、照射面積が7平方センチメートルと広くなっています。
そのため、照射数も100万発と他の脱毛器と比べて多いですので、1発あたりのコストは約0.06円でコスパはとても良いです。

本体価格だけで判断してしまうと安いだけで効果がない脱毛器、脱毛エステで高額な料金の支払いをする可能性がありますので、注意が必要になります。

実際に使ってみてどうなの?

家庭用脱毛器のレビューというのは探してみるととても多くあります。
ケノンの本体と脱毛器ケノンというのは脱毛器と本体とが一緒になっています。
そのため、脱毛をする時には本体をしっかりと操作することで照射レベル、モードを切り替えることができます。

蓋の部分は鏡になっているので、自分で脱毛するときにとても便利です。
本体とくっついていますので、背中などの見えない部分を脱毛する時には手鏡で脱毛するのがおすすめです。

ケノンは痛みがあるの?痛さは?

脱毛器を購入する際に気になることとえば、痛みがあるのかどうかです。
誰でも、痛い脱毛というのは嫌だと思います。
ただ、一切痛みがない、という脱毛器は販売されていません。

脱毛器にはフラッシュ式とレーザー式の2種類があるのですが、このどちらも毛乳頭、毛母細胞という毛をつくるうえで必要になる部分にダメージを与える方法で脱毛をしています。
この照射した光やレーザーが毛根部分で熱エネルギーに変わる時に痛みを感じます。

ただし、レーザーは単一の波長で光を1箇所に集中させるのですが、フラッシュの場合には復数の波長によって幅広い範囲に照射をしています。
エネルギーが分散されるぶん、フラッシュ式の場合には痛みを最小限に抑えられます。

ケノンの強みって?

人気の脱毛器のケノンはフラッシュ式を採用しています。
そのため、痛みに関してはそれほど心配する必要はありません。
実際に使用している方のクチコミ情報を見るとわかりますが、少しパチッと刺激を感じる程度です。
暑い感覚がするということもあるようです。

また、ケノンは照射パワーを細かく調整することができるので、痛みを感じることなくケアできます。
さまざまな家庭用脱毛器があるのですが、ケノンには他の脱毛器にはまずないメリットがあります。

なんといっても、照射面積が広いです。
ケノンは、照射面積が広く脱毛器の中でも最大級です。
一度で広い範囲を脱毛できますので、短時間でケアが終了します。

また、照射回数が少なくすむので、カートリッジもかなり長持ちします。
カートリッジは照射回数が決まっていますので、たくさん打つとそれだけ早くなくなります。
また、脚や腕など脱毛範囲が広いと、何度も照射するのは疲れてしまいます。
照射範囲が広いケノンは、短時間で処理できますし、カートリッジも長持ちします。
そして疲れないので、良いことだらけだといえるのです。

照射レベルを10段階に調整できる

レベルは10段階の出力調整ができます。
ケノンは、照射出力を10段階調整することができますので、出力が高いほうが脱毛光かがありますので、調整する必要はないのではないかと思われがちです。
しかし、出力は高ければ高いほど痛みを感じやすくなって、脱毛部位や毛の太さによって感じ方は違ってきます。

本体のカラーが選べる

ケノンは本体のカラーを選ぶことができます。
脱毛器はカラーバリエーションがあまりありません。
利用者の中心が女性だということもあって、ホワイト、ピンクといった女性好みの色を取り扱っているメーカーがとても多いです。

しかし、中には可愛らしい色は好みではないという人もいます。
ケノンは男女兼用ですので、お父さんがヒゲ脱毛に使用することもあります。
そのような場合にはケノンは女性らしいカラーだけでなく、男性向けのカラーもあります。

ケノンと脱毛器のノーチラス